自分での修理

バッグによっては自分で修理することもできなくはありません。たとえばバッグの持ち手部分というのは裁縫店などで販売していることがありますし、持ち手を固定するカシメなど、必要な部品をそろえることで、交換することができます。やり方としてはまず、もともとついている取っ手を裏から外して落とし、丁寧に縫い目を外します。そのあと新しいバッグの持ち手にカシメをつける穴をあけてから、バッグに持ち手を付けて、カシメを打ち込みます。打ち込んだら、最後にきれいに縫い合わせて完成です。このようなやり方をすれば自分でバッグ修理をすることができます。

しかしこれはあくまで、オーソドックスなビジネスバッグなど、よくあるデザインで取り換えが可能なことや、裁縫の知識がきちんとあること、時間に余裕があることなどさまざまな条件が挙げられます。また、ブランド物やデザイン性の高いカバンは、同じような部品が市販されていない可能性が高く、自分で修理するのは非常に難しいといえるでしょう。

つまり、簡単な修理は自分でできますが、ちゃんと直したい、あるいはデザインを壊さずに直したいなどの要望がある場合は、基本的に店舗に持っていくのがベストというわけなのです。