持ち手のバッグ修理

いつも使っているお気に入りのバッグ、いつのまにか壊れてしまっていたりしませんか?愛用していると、気がついたらボロボロになってしまっていることもあるかもしれません。しかし、親しみのあるカバンを簡単に手放すことはできないはず。捨てるのも売るのも嫌でしょう。そんなときは、修理を考えてみましょう。バッグ修理は自分でも、難しい場合は専門業者に依頼することもできます。

バッグの傷みやすい部分として持ち手部分が挙げられます。重い荷物をふんばって持ってくれる部分でもあり、一番手で触るために擦り切れたり破れたり、手あかがついて変色するなどが起こりやすい部分です。ほかの部分はきれいなのに、持ち手の部分だけぼろぼろになっていませんか?そんなときは修理をして持ち手部分を交換してしまいましょう。持ち手を交換すれば長くカバンを使い続けることができますし、オーバーな変更ではないので、カバンがもとのデザインと変わることもありません。しかしながら、持ち手は手になじむものであってほしいところ。まったく同じデザインとはいかなくても、できるだけ近いデザインで、近い手触りのものに交換できるようにしましょう。

持ち手の交換は自分でもできないことはないですが、手間や時間がかかることや、同じ素材を見つけづらいなどのデメリットがあります。できればバッグ修理の専門業者に依頼したほうが、品質もキープできますし、手間もかからないので安心できることでしょう。